介護職の給料(種類) の仕事内容

【2021年最新版】社会福祉士の給与・年収は高いの?主な就職先や年収を上げる方法などについて紹介!

社会福祉士給与年収

「社会福祉士の給与・年収について詳しく知りたい」「社会福祉士として年収を上げる方法とは?」などと思っている方は多くいます。

社会福祉士は、日本高齢化に伴って需要が伸びているため、注目を集めている職業のひとつです。

そこで、今回は社会福祉士の給与・年収や主な就職先、年収を上げる方法について具体的に紹介してきます。

これから社会福祉士を目指している方や、すでに社会福祉士として活躍している方は、ぜひ参考にしてみてください。

社会福祉士とは

社会福祉士とは

社会福祉士とは、自力で日常生活を送ることができない方に向けて問題解決を行う職業のことを指します。

具体的な社会福祉士の業務内容については、主に下記2つが挙げられます。

  • 利用者に向けて相談・指導
  • 関連機関に相談・調整

それぞれの業務内容について特徴を踏まえて紹介してきますので、ぜひ参考にしてみてください。

利用者に向けて相談・指導

高齢者や障害を持っている方などが日常生活を送る上で不満に思っていることに対して、相談や指導などの業務を行います。

実際に、日常生活で悩みは一人ひとりによって異なるため、幅広い知識が必要になります。

また、事業所によっては人材が足りない場合には、介護サービスなどの業務も行うケースも多くあります。

関連機関に相談・調整

高齢者が多くいる施設の場合、治療経過を医療機関に報告する必要があったり、福祉サービスとの連携・調整なども社会福祉士の業務内容に含まれます。

実際に、利用者が抱えている問題分析を行うことはもちろんですが、健康医療サービスや福祉サービスと連携や調整を行うことによって効率良く問題解決することが可能です。

このように、社会福祉士は介護や医療の基本的な知識が必要になるため、自分自身の市場価値を上げるためにも、多くの資格を取得することをおすすめします。

社会福祉士の給与・年収とは

社会福祉士の給与・年収とは?

これから社会福祉士を目指しており、実際の給与や年収が気になるという方は多くいます。

社会福祉士の平均年収は、男性で正規職員は約450万円で、女性の正規社員だと約390万円です。

具体的な社会福祉士の年齢別給与については、下記表の通りです。

年齢 平均給与
20代 22万円
30代 25万円
40代 26万円
50代 24万円
60歳以上 22万円

40代が一番平均的な給与が高いですが、男性と女性によっても異なるため、あらかじめ注意が必要です。

また、事業所によっては、資格手当が給与に反映することができるため、高収入を狙うことが可能です。

社会福祉士は公務員としての採用もあるため、安定して給与を貰いたいと思っている方にも、向いている職業として挙げられます。

社会福祉士の主な就職先とは

社会福祉士の主な就職先とは

これから社会福祉士を目指している方で、主な就職先について知っておくことで、自分自身に合った就職先や転職先を選ぶことができます。

具体的に社会福祉士の主な就職先については、下記4つが挙げられます。

  • 介護施設
  • 医療機関
  • 地域包括支援センター
  • 児童福祉施設

それぞれの社会福祉士の就職先について特徴などを踏まえて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

介護施設

介護施設とは、高齢者や障害を持っている方を対象に、介護を受けることができる施設のことを指し、日常生活を送るためのサポートなどを受けることが可能です。

社会福祉士が介護施設で行う主な業務内容ついては、下記が挙げられます。

  • 入所前面談
  • 入退所の手続き
  • 利用者の相談
  • 関係機関と情報連絡

事業所や施設などによって、日々行う業務内容が異なる場合があるため、あらかじめ確認をしておくことをおすすめします。

医療機関

病院や診療所などの医療機関で、病気や障害などによって日常生活に問題を抱えている方を対象に社会福祉支援を行う専門職と呼ばれている「ソーシャルワーカー」として働くことが可能です。

基本的な仕事内容は、治療や入院などで不安に思っていることの相談を受けて、問題解決に向けてサポートを行います。

医療機関で働くためには、基礎的な医療知識はもちろんですが、専門的な知識を求められる場合もあるため、あらかじめ勉強しておくことをおすすめします。

地域包括支援センター

地域包括支援センター

地域包括支援センターとは、介護保険や福祉サービス、医療などで悩んでいる高齢者を対象にしている総合相談窓口のことを指します。

高齢者の安否確認や見守り、環境設備も業務内容に含まれるため、幅広い知識と技術が要求される特徴があります。

また、地域福祉活動の一環として、関連機関に連絡・調整などを行うことも業務に含まれます。

児童福祉施設

児童福祉施設とは、親のいない児童や虐待されている児童などを対象に自立した社会活動が送れるように援助を行う施設のことです。

家庭環境の調査や教育委員会への情報共有も業務内容に含まれます。

しかし、社会福祉士として児童福祉施設で働く場合には、地方公務員試験の合格が必要になるため、あらかじめ注意が必要です。

社会福祉士の年収を上げる方法

社会福祉士の年収を上げる方法

「社会福祉士の年収を上げる方法について詳しく知りたい」と思っている方は少なくありません。

実際に社会福祉士の年収を上げる方法について理解しておくことで、より効率よく高年収を狙うことが可能です。

具体的に社会福祉士の年収を上げる方法については、下記2つが挙げられます。

  • 資格を取得する
  • 転職をする

それぞれの年収を上げる方法について紹介していきますので、社会福祉士として働いている方は、ぜひ参考にしてみてください。

資格を取得する

社会福祉士として働くためには、社会福祉士の資格が必須になりますが、業務関わる資格を取得することによって、年収を上げることに繋げることが可能です。

具体的に年収を上げることに繋げることができる資格については、下記が挙げられます。

  • ケアマネージャー
  • 精神保健福祉士
  • 介護職員初任者研修
  • 機能訓練指導員

上記以外の資格についても勤めている事業所や施設などによって異なるため、資格を取得する前に確認をしておくことをおすすめします。

転職をする

介護業界は人手不足が深刻な問題になっているため、自分自身が希望している条件の良い事業所や施設に転職することによって、年収を上げることが可能です。

実際に転職活動をする際に、自分ひとりで求人を探して応募すると手間がかかってしまい効率よく転職活動を行うことができないリスクがあるため、転職サービスを利用することをおすすめします。

また、公務員としても転職をして高収入を狙うことも可能ですが、公務員試験に合格することが必須条件になるため、あらかじめ注意が必要です。

おすすめの介護転職サービス3選

おすすめの介護転職サービス3選

おすすめの介護転職サービスについてあらかじめ理解しておくことで、雇用条件が良い求人を見つけることはもちろんですが、在職中でも効率よく転職活動を行うことが可能です。

具体的におすすめの介護転職サービスについては、下記3つが挙げられます。

  • きらケア
  • 介護ワーカー
  • マイナビ介護

上記の介護転職サービスの特徴やメリットなどを踏まえて紹介してきますので、転職で高収入を目指している方は、ぜひ参考にしてみてください。

きらケア

きらケア

きらケアとは、介護職に特化した転職支援サービスのことで、レバレジーズメディカルケア株式会社が運営を行っています。

自分自身で求人を探すことも可能ですが、キャリアアドバイザーからの求人紹介も受けることができるため、より多くの求人を比較検討することが可能です。

また、キャリアドバイザーは介護業界を熟知しているため、転職で有利になるための面接対策や書類の添削などのサポートを受けることが可能です。

参考サイト:きらケア公式https://job.kiracare.jp/lp/4/

きらケアを利用してみる

介護ワーカー

介護ワーカー

介護ワーカーとは、介護業界に特化した転職エージェントで、一人ひとりに対して専属のアドバイザーから充実したサポートを受けることが可能です。

基本的に転職に関わるすべての工程に対してサポートを受けることができ、はじめて転職活動をする方でも安心して利用することができます。

非公開求人も多く取り扱っているため、自分自身が希望している求人を考慮して、専属のアドバイザーから紹介を受けることができるメリットも挙げられます。

参考サイト:介護ワーカー公式https://kaigoworker.jp/

介護ワーカーを利用してみる

マイナビ介護

マイナビ介護

マイナビ介護は、介護や福祉に関わる求人に特化している転職エージェントで、大手人材広告企業の株式会社マイナビが運営しています。

取り扱っている求人は、定着率が高く高収入を狙えることができるメリットが挙げられます。

また、介護業界に精通した専属のキャリアドバイザーが転職に関わるサポートを無料で受けることが可能です。

参考サイト:マイナビ介護公式https://kaigoshoku.mynavi.jp/

マイナビ介護を利用してみる

社会福祉士の転職を成功させるコツ

社会福祉士の転職を成功させるコツ

「社会福祉士の転職を成功させるコツについて詳しく知りたい」と思っている方は多くいます。

実際に社会福祉士の転職を成功させるコツを理解しておくことで、自分自身が希望している転職先で就職することができる可能性を上げることが可能です。

具体的に社会福祉士の転職を成功させるコツについては、下記3つが挙げられます。

  • スケジュール管理がしっかりしている
  • 在職中に転職活動をする
  • 求人を比較する

それぞれの転職を成功させるコツについて紹介してきますので、これから社会福祉士の転職を目指している方は、ぜひ参考にしてみてください。

スケジュール管理をしっかり行う

スケジュール管理をしっかり行うことで、やるべきことが明確化することができ、より効率的に転職活動を行うことが可能です。

在職中に転職活動を行うためには、なるべく業務に影響が無いように業務を行うことはもちろんですが、面接日にダブルブッキングしてしまうリスクを減らせることができます。

実際に転職活動以外にも、在職中の退職申し入れ時期や業務引き継ぎなどのスケジュール管理も必要となるため、あらかじめ注意が必要です。

在職中に転職活動をする

在職中に転職活動を行うことによって、経済面に余裕を持つことができるため、精神的な不安を抱えることなく転職活動を行うことが可能です。

また、離職期間が長くなってしまうと求人からの印象が悪くなってため、在職中に転職活動をする方が有利に働くことができます。

在職中は業務が忙しくて転職活動を行うことができないと悩んでいる方については、転職アドバイザーからサポートを受けることができるてん転職サービスを利用することをおすすめします。

求人を比較する

求人を比較することによって、自分自身が希望している給与や職場環境の求人を見つける可能性を上げることが可能です。

実際に、転職活動で求人の比較を行わないと、入社前と入社後のギャップが大きくなってしまい、再度転職を繰り返してしまう可能性が高くなってしまうため、あらかじめ注意が必要です。

具体的に求人を比較する際には、雇用条件や事業内容はもちろんですが、企業理念、職場の雰囲気などさまざまな要因を調べることをおすすめします。

転職活動をする際の注意点

転職活動をする際の注意点

転職活動をする際の注意点を理解しておくことで、転職成功率を上げることはもちろんですが、自分自身が希望している転職先に就職することが可能です。

具体的に転職活動をする際の注意点については、下記2つが挙げられます。

  • 職場で転職活動をしていることを言わない
  • 転職先選びの基準を押さえておく

それぞれの注意点について、特徴を踏まえて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

職場で転職活動をしていることを言わない

職場で転職活動をしていることが職場にバレてしまうと、職場に居づらくなってしまい、有給を使いづらくなってしまい、結果的に転職活動を進めるのが遅くなってしまうデメリットが挙げられます。

また、仲が良い同僚でも、転職活動をしていることを言ってしまうと、社内に広まってしまう可能性があるため、あらかじめ注意が必要です。

職場に転職する意思を伝える時期については、転職先から内定を貰ってから直属の上司に伝えることをおすすめします。

転職先選びの基準を押さえておく

転職選びの基準を押さえておくことで、より効率的に転職活動を行うことができ、自分自身が希望している転職先をブレずに転職活動をすることが可能です。

具体的に転職先選びの基準については、下記が挙げられます。

  • 業務内容
  • 企業規模
  • 社内の雰囲気
  • キャリア設計

上記以外にも自分自身が希望している業種によって多少異なるため、あらかじめ基準を設定してから転職活動をすることをおすすめします。

社会福祉士として転職を成功させて年収アップを狙おう!

社会福祉士として転職を成功させて年収アップを狙おう!

今回は社会福祉士の給与・年収や主な就職先、年収を上げる方法について具体的に紹介しました。

社会福祉士の平均年収は、男性で正規職員は約450万円で、女性の正規社員だと約390万円です。

また、具体的な年収を上げる方法については、「資格を取得する」「転職をする」の2つが挙げられます。

ぜひ、今回紹介したおすすめの介護転職サービスを利用して、社会福祉士として転職を成功させて年収アップを狙ってみてはいかがでしょうか。

-介護職の給料(種類) の仕事内容
-, ,

© 2021 介護お仕事ガイド