介護職の給料(種類) の仕事内容

作業療法士の給与・年収とは?資格取得方法からおすすめの介護転職エージェントについて紹介!

作業療法士 給与 年収

「作業療法士に転職したいけど、実際の給与・年収について詳しく知りたい」「おすすめの介護転職エージェントとは?」などと思っている方は多くいます。

作業療法士の給与・年収について理解しておくことで、就職した後に後悔してしまうリスクを減らすことが可能です。

そこで、今回は作業療法士の給与・年収や資格取得方法、おすすめの介護転職エージェントについて具体的に紹介していきます。

これから作業療法士への転職を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

作業療法士とは

作業療法士とは

作業療法士とは、身体的・精神的に障害を持つ方に対して、社会生活や日常生活が自立して行うことができるようになるためにサポートを行う職業です。

基本的に医師からの指示を受けてから、患者に対して適切に指導や訓練などを行います。

具体的な作業療法士の仕事内容については、下記4つに分けられます。

  • 身体機能の向上
  • 社会適応能力の向上
  • 感情表現の向上
  • 日常生活の質の向上

それぞれの仕事内容について、特徴を踏まえて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

身体機能の向上

高齢者や身体に何かしらの障害を持っている方などは、普段運動する量が少なくなってしまう傾向があるため、日常生活に支障が出ないように身体機能の向上サポートを行います。

身体機能のサポートを行う上で、安全面の確保は最も重要視されており、高齢者や障害のある方の十分な知識を身につけることが必要です。

また、トラブルを未然に防ぐために、安全マニュアル資料作成や医療機関のフォロー体制などの対策も必要です。

社会適応能力の向上

自立して日常生活や社会活動が行えるように、一般常識や対人関係能力などの訓練やサポートを行います。

そもそも社会適応能力とは、社会活動をする上で、他人と調和した関係を築けることができる能力のことを指します。

実際に作業療法士によって、自立した社会生活を送ることができる患者も多くいるため、社会貢献活動としてもやりがいのある仕事内容です。

感情表現の向上

感情表現の向上

知的障害を持っている方に対して、感情表現の向上するための指導やサポートも行います。

具体的な業務内容は、レクリエーションやグループワークなどを行い、日常生活を送る上で必要な感情表現を身につけることができます。

感情表現が豊かになることで、人間関係が築きやすいことはもちろんですが、精神的なストレスも解消されるメリットも挙げられます。

効果が出るまでにある程度の期間が必要になりますが、根気よく指導やサポートを行うことが必要です。

日常生活の質の向上

日常生活の質を向上させるために、普段何気なく行っている動作の指導を行い、身体機能の向上や精神的なストレス解消などにも効果的に働くことが可能です。

具体的な日常生活の動作指導については、下記が挙げられます。

  • 食事
  • 入浴
  • 掃除
  • 着替え
  • 散歩
  • 家事

また、工作作業やピアノ演奏などを行うことによって、細かな作業に慣れる練習も行います。

作業療法士の給与・年収

作業療法士の給与・年収

作業療法士の給与・年収については、日本の平均よりも低い傾向がありますが、地域によっても多少異なります。

具体的な地域別の作業療法士の年収については、下記表の通りです。

地域 平均年収
北海道・東北 320万円
甲信越・北陸 325万円
関東 368万円
東海 344万円
関西 356万円
四国 326万円
中国 326万円
九州・沖縄 322万円

上記表の通り、最も平均年収が高い地域は関東で、地方になるにつれて年収が下がっている特徴があります。

平均年収が全体的に低めですが、勤務先やスキル、経験などによっても大きくことなる場合があるため、高収入を目指すことも可能です。

このように、作業療法士の地域別平均年収は、他の職業と同様に主要都市に近づくにつれて年収が高くなっている傾向です。

作業療法士の資格取得方法

作業療法士の資格取得方法

作業療法士の資格取得方法をあらかじめ理解しておくことで、計画的に資格を取得することができることはもちろんですが、効率よく資格取得することにも繋げることが可能です。

原則として作業療法士の資格を取得するためには、厚生労働省や文部科学大臣から指定された養成施設で3年以上学ぶことが必要です。

具体的な作業療法士の資格取得方法については、大きく分けて下記3つが挙げられます。

  • 専門学校
  • 大学
  • 短大

それぞれの項目について紹介していきますので、これから作業療法士の資格取得したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

専門学校

専門学校で作業療法士の資格取得するためには、3年制もしくは4年制の専門学校を卒業することが必要です。

作業療法士として活躍することができるように、より実践的な講座をメインに学習を行い、作業療法士として必要な知識や技術を専門的に学べることができます。

また、大学や短大と比べて作業療法士だけの学習に集中することができるため、より効率的に学習することができるため、資格取得する可能性を高くすることができるメリットも挙げられます。

さらに、専門学校は作業療法士だけの資格だけではなくて、関連性が高い「福祉住環境コーディネーター2級」なども取得することができるため、就職や転職に有利に働くことが可能です。

大学

日本は高齢化が進んでおり、作業療法士の需要が高くなっている傾向があるため、4年制大学でも作業療法士に関することが学べる講義を増やしており、基礎的な知識から専門的な技術まで幅広く学べることが可能です。

大学を卒業することによって、就職活動をする際に専門学校や短大に比べて有利に働くことができるメリットがあります。

作業療法士以外にも就職先の選択肢を増やすことができるため、精神的なストレスも緩和することができます。

短大

作業療法士に関わる学習ができる短大は全国的に少ない傾向がありますが、先ほど紹介した専門学校同様に3年制となります。

短大に通うことのメリットは、短期間で学習することができ、すぐにでも作業療法士として働きたいと思っている方にはおすすめの方法です。

短大によっては、作業療法士の学習をしながら、他の国家資格の学習もすることができるため、さらに就職活動で有利に働くことが可能です。

作業療法士が向いている人の特徴

作業療法士が向いている人の特徴

「作業療法士が向いている人の特徴について詳しく知りたい」と思っている方は少なくありません。

実際に、作業療法士が向いている人の特徴について理解しておくことで、実際に作業療法士として働いてみたら、自分には向いていないというリスクを減らすことが可能です。

具体的に作業療法士が向いている人の特徴については、主に下記3つが挙げられます。

  • コミュニケーション能力が高い
  • 観察力がある
  • 我慢強い

上記の項目について下記にて紹介していきますので、これから作業療法士を目指している方は、ぜひ参考にしてみてください。

コミュニケーション能力が高い

作業療法士は患者に対してコミュニケーションを取ることが主な仕事内容になり、その他にも職場でも幅広い人とやりとりをする必要があるため、コミュニケーション能力が高い人に向いている職業です。

コミュニケーション能力が高い人の特徴は、聞き上手で相手の話をしっかりと聞いており、相手が気持ちよく話せる雰囲気作りをすることができます。

また、自分の意見をはっきりと相手に伝えることもコミュニケーションを円滑にするためには必要になるため、誰でも理解しやすいように伝えることができるようにすることも必要です。

このように、コミュニケーション能力は他の職業でも共通して言えることですが、もっとも重要なスキルです。

観察力がある

作業療法士は、患者が平常に比べて身体の体調や精神状態を観察して、小さな変化に気がつけることができる観察力が必要です。

例として、リハビリ時に前回と比べてどのくらい成果が出たのか適切に観察をすることができれば、次回以降のリハビリ内容もさらに効果的に行うことにも繋げることができます。

また、患者の小さな変化に気付けることで、病気の早期発見にも効果的に働くことができるメリットも挙げられます。

我慢強い

基本的に作業療法士は、いきなり結果が出るわけではなくて、毎日少しずつ継続してリハビリを行うことによって、成果を出すことができるため、我慢強さが必要です。

また、リハビリも思ったとおりに進まない場合や、トラブルが起きた際にも冷静に対処することができ、問題解決に繋げることができます。

我慢強い性格になるためには、日常生活から自分の感情をコントロールすることを意識するが重要です。

おすすめの介護転職エージェント3選

おすすめの介護転職エージェント3選

転職エージェントとは、専属のキャリアアドバイザーが面接対策・提出書類の添削・求人紹介・日程調整など転職サービスを受けることができるため、より効率的に転職活動を行うことが可能です。

具体的におすすめの介護転職エージェントについては、下記3つが挙げられます。

  • 介護ワーカー
  • マイナビ介護
  • きらケア

それぞれの介護転職エージェントについて、特徴を踏まえて紹介していきますので、ぜひ利用してみてください。

介護ワーカー

介護ワーカー

介護ワーカーとは、介護業界の他にも医療業界や建築業界などの人材紹介事業を行っており、株式会社トライトが運営をしている介護転職エージェントです。

一人ひとりに対して転職アドバイザーがつき、求人紹介から日程調整など幅広い転職活動のサポートを受けることが可能です。

非公開求人も多く取り扱っているため、自分自身が希望している転職先の紹介を受けることができ、スムーズに転職活動を行うことができるメリットが挙げられます。

参考サイト:介護ワーカー公式サイトhttps://kaigoworker.jp/

介護ワーカーを利用してみる

マイナビ介護

マイナビ介護

マイナビ介護は、全国の5万件以上の求人を取り扱っており、他の介護転職エージェント比べて求人数はもちろんですが、求人の質が高い特徴があります。

介護業界に詳しいコンサルタントが多く在籍しているため、未経験から転職をする方でも安心して転職活動を行うことが可能です。

大手企業の株式会社マイナビが運営をしているため、さまざまな企業と太いパイプがあり、独自求人も多く取り扱っているため、他の転職エージェントでは見つけることができない求人の紹介も受けることができます。

参考サイト:マイナビ介護公式サイトhttps://kaigoshoku.mynavi.jp/

マイナビ介護を利用してみる

きらケア

きらケア

きらケアとは、レバレジーズメディカルケア株式会社が運営をしており、正社員と派遣社員の介護求人を主に取り扱っている介護転職エージェントです。

介護業界に特化してアドバイザーが転職活動のサポートはもちろんですが、転職後のアフターフォローもしっかりと行っているため、安心して転職活動に取り組むことができます。

また、ミスマッチ転職を防ぐために、実際に働いている従業員から情報収集したり、事業所訪問を定期的に行っているため、自分の希望している求人に転職をすることが可能です。

参考サイト:きらケア公式サイトhttps://job.kiracare.jp/lp/4/

きらケアを利用してみる

作業療法士として働く上での注意点

作業療法士として働く上での注意点

「作業療法士として働く上での注意点について詳しく知りたい」と思っている方は少なくありません。

具体的に作業療法士で働く上での注意点については、下記2つが挙げられます。

  • 患者さんとの信頼関係が重要
  • 体力が必要

それぞれの注意点について紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

患者さんとの信頼関係が重要

患者さんとの信頼関係をとることによって、リハビリへの意欲を向上させることにも繋げることが可能です。

一人ひとりの症状や性格に合わせて、的確にコミュニケーションを取ることによって、信頼関係を築くことができます。

また、患者さんのご家族や職場の同僚などにも同じく信頼関係が重要になるため、日頃から相手としっかりと向き合って行動することをおすすめします。

体力が必要

作業療法士は、事業所によっても多少異なりますが、基本的にはリハリビのサポートやレクリエーションなどを行っているため、体力が必要になる職業です。

日頃から身体を動かすことによって、日々の業務が苦にならずに働くことができます。

このように、作業療法士はある程度の体力が必要になりますが、患者さんから感謝されることが多くやりがいがある職業でもあります。

おすすめの介護転職エージェントを利用して作業療法士に転職しよう!

おすすめの介護転職エージェントを利用して作業療法士に転職しよう!

今回は、これから作業療法士に転職をしたいと思っている方に向けて、作業療法士の給与・年収や資格取得方法、おすすめの介護転職エージェントについて具体的に紹介しました。

作業療法士の給与・年収については、他の職業よりも比較的低い傾向がありますが、地域や自分自身のスキルなどによっても多少異なります。

また、おすすめの介護転職エージェントについては、「介護ワーカー」「マイナビ介護」「きらケア」の3つが挙げられます。

ぜひ、今回紹介したことを参考にして作業療法士に転職をしてみてはいかがでしょうか。

-介護職の給料(種類) の仕事内容
-, ,

© 2021 介護お仕事ガイド