訪問介護・介護 の仕事内容

【最新版】訪問看護の仕事内容とは?訪問看護員として働くメリットやおすすめの転職サイトを紹介! 

訪問看護仕事内容

「訪問看護の仕事内容について詳しく知りたい」「訪問看護員として働くメリットとは」などと思っている人は多くいます。

そこで今回は、訪問看護の仕事内容から訪問看護に関わる資格取得サイトについてを徹底的に紹介していきます。

これから訪問看護を目指している人は、ぜひ参考にしてみてください。

訪問看護の仕事内容とは

訪問看護の仕事内容

訪問看護の仕事内容は、病気や怪我などによって継続して療養が必要で、通院することが難しい人を対象に看護サービスを行います。

また、利用者の健康維持はもちろんですが、生活の質(QOL)の向上を手助けなども行います。

具体的な訪問看護の仕事内容については、下記4つが挙げられます。

  • 健康観察
  • 医療ケア
  • リハビリ
  • 精神的サポート

それぞれの仕事内容について特徴を踏まえて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

健康観察

訪問看護は、利用者の自宅に訪問して健康観察を行います。

基本的に訪問看護を利用している人は、医師の診断によって、自宅による療養が必要と判断されているため、血圧や脈拍などの健康観察を行う必要があります。

また、患者の顔色や仕草なども健康観察に含まれており、今後の治療する内容を決定する要素にもなるため、重要な業務内容の1つです。

医療ケア

医療ケア

医師の指示に基づいて利用者に適切な医療ケアを行います。

具体的な医療ケアについては、症状によって異なりますが、点滴・服薬管理・インスリン注射・在宅酸素・カテーテル管理などを行います。

専門的な医療ケアの場合には、ある程度専門的な資格が必要になるため、自分自身が対応することができる医療ケアについて、あらかじめ確認をしておくことが必要です。

専門的な資格を多く持っていることで、市場価値を高めることができるため、高年収も狙うことができます。

リハビリ

簡易的なリハビリのサポートを行うことも、訪問看護の仕事内容に含まれます。

基本的に訪問看護でリハビリを受けるためには、入院時にリハビリを行っており、在宅での療養生活に切り替わった場合などが挙げられます。

また、訪問看護でリハビリをするためには、下記のいずれかの国家資格が必要になる場合があります。

  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士

このように訪問看護は、利用者や家庭状況に応じて臨機応変にリハビリ対応を行います。

精神的サポート

訪問看護は、利用者やそのご家族の悩みや困っていることを丁寧に聞き取り精神的なサポートも行います。

利用者の病気や怪我を治す上で、良い精神状態を維持することは、早期回復にも繋がることができるメリットもあります。

ケアマネージャーや主治医ともコミュニケーションを取り合って、利用者の精神状態を踏まえて最適な治療内容を決定することも必要です。

訪問看護師として働くメリット

訪問看護師として働くメリット

「訪問看護を目指している人いるけど、実際に訪問看護員として働くメリットについて詳しく知りたい」と思っている人は少なくありません。

訪問看護員として働くメリットについて理解しておくことで、自分自身に合っている職業なのか事前に知っておくことができます。

具体的に訪問看護員として働くメリットについては、主に下記2つ挙げられます。

  • 働き方が自由に選べる
  • 高収入を目指せる

それぞれのメリットについては、下記にて紹介していきます。

働き方が自由に選べる

訪問看護は、正社員の他にもアルバイト・パート・派遣など色々な働くが選ぶことができるメリットがあります。

子供の面倒を見ながら働きたい人や、決められた時間内で働きたいと思っている人など基本的に働く時間を自分の都合に合わせることができます。

また、一般的な看護師は夜勤がありますが、訪問看護は原則として日勤のみなので、生活リズムを崩さず働くことが可能です。

しかし、事業所によっては時間が固定されてしまっている場合もあるため、トラブルを防ぐためにもあらかじめ確認をしておくことをおすすめします。

高収入を目指せる

訪問看護は、他の職業に比べて給与水準が高いため、高収入を目指せることが可能です。

実際に、日本は高齢化が進んでいるため訪問看護の需要が高まっている傾向があるため、給与水準が高くなっている特徴があります。

また、訪問看護の人材不足が進んでいるのも大きな社会問題として挙げられています。

訪問看護師として役に立つ資格

訪問看護師として役に立つ資格

訪問看護員として役に立つ資格について理解しておくことで、これから訪問看護に就職や転職をする上で有利に働くことができます。

具体的に訪問看護員として役に立つ資格については、下記4つが挙げられます。

  • 認定看護師
  • 専門看護師
  • 特定行為研修
  • ケアマネージャー

それぞれの資格について、特徴などを踏まえて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

認定看護師

認定看護師とは、特定の看護技術や知識を持っていることを認められた看護師のことを指し、日本看護協会の認定資格のことです。

資格取得することによって、業務範囲が広げてキャリアを積んでいけるので、昇進することができるメリットがあります。

認定看護師になるためには、看護師免許取得と5年以上の実務経験、認定看護師教育機関で6ヶ月学ぶことが必要です。

そのため、違う業種から転職を考えている人は、認定看護師になるためにはある程度の期間が必要になるため、計画的に転職活動をすることも重要です。

専門看護師

専門看護師

専門看護師とは、利用者やそのご家族に対して質の高い医療ケアを行うために、特定分野の技術や知識を持っていることを認められた看護師のことを指します。

資格を取得するためには、日本看護協会の認定資格がある看護系大学院を修了して、実務研修が通算で5年以上が必要になります。

また、専門看護師として登録されれば、5年ごとに更新する必要があります。

資格を取得することがでれば、大規模の病院で活躍でき、高収入を狙うことが可能です。

特定行為研修

特定行為研修とは、事前に作成された手順書に基づいて、医療特定行為を行える看護師を養成するための研修のことを指します。

具体的に医療特定行為とは、判断能力や実践的な理解力などの高度な技術や知識を持って行う医療行為のことを指します。

また、手順書とは医師が看護師に向けた指示書のことを指し、医療現場で起こることを想定して事前に指示を出しておくことで、特定行為研修を受けた看護師であれば個人で判断して医療行為を行うことが可能です。

ケアマネージャー

ケアマネージャーは、介護支援専門員とも呼ばれており、介護保険サービスを利用するときに、必要不可欠な存在のことです。

介護保険の利用者や利用者のご家族の相談にのって、介護ケアプランを作成したり、要介護認定申請のサポート行います。

訪問看護師として働く際には、ケアマネージャーの資格は必要ありませんが、利用者のことをより深く理解して、高品質なサービスを提供することに繋げることができます。

また、キャリアアップとして、訪問看護ステーションの管理者を目指したい人によっては、ケアマネージャーを取得しておくこと有利に働くことが可能です。

訪問看護師に向いている人の特徴

訪問看護師に向いている人の特徴

訪問看護師に向いている人の特徴を理解しておくことで、これから訪問看護師を目指している人が実際に働いてみて「自分には合わなかった」というリスクを減らすことができます。

また、どのような職業で働きたいか決まっていない人でも、参考にすることが可能です。

具体的に訪問看護に向いている人の特徴については、下記3つが挙げられます。

  • コミュニケーション能力が高い
  • 主体的に行動できる人
  • 臨機応変に対応できる人

それぞれの特徴について下記にて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

コミュニケーション能力が高い

訪問看護師として働くためには、利用者やご家族はもちろんですが、職場の看護師とも日々コミュニケーションを取ることが求められるため、コミュニケーションが高い人が向いている特徴があります。

コミュニケーション能力が不足している場合には、医師との連携がとれずに利用者に悪影響を与えてしまう可能性があるため、あらかじめ注意が必要です。

コミュニケーション能力を高める上で重要な要素として挙げられるのが、相手の話を聞くことを意識することが重要です。

ほとんどの人は、コミュニケーションは話すことが必要と考えていますが、聞き手になることで相手に気持ちよく会話をさせることができます。

主体的に行動できる人

主体的に行動できる人とは、周囲の意見を気にせずに自分自身の意思で問題に対して取り組むことができる人のことを指します。

基本的に、訪問看護師は一人で利用者の自宅に行くことになるため、主体的に行動をすることが求められる職業です。

また、主体的に行動することによって、責任感も生まれるため、トラブルが起こってしまった場合でも、次に生かして行動をすることができるので、事業者全体のレベルを上げることも可能です。

主体性のない人の特徴については、ポジティブ思考の人が多い特徴があるため、利用者の精神状態にも悪影響を与えてしまう可能性があるため、日頃から主体的に行動をすることを意識することが大切です。

臨機応変に対応できる人

先ほども紹介しましたが、訪問看護師は基本的に一人で行動をしているため、トラブルが起こった場合でも、臨機応変に対応することが求められます。

訪問看護は事業所によってあらかじめ方針が決められていますが、その場の状況に応じて適切な行動をすることが必要です。

臨機応変に対応ができるように、常に先を見通して可能性を予測することによって、トラブルが発生しても冷静に対処することができるようになります。

また、時間に余裕を持って行動をすることによって、予想外のことが起きた場合でも慌てずに最適な対応をすることが可能です。

訪問看護師に関わるおすすめの資格取得サイト3選

訪問看護師に関わるおすすめの資格取得サイト3選

「訪問看護師に関わる資格について詳しく知りたい」と思っている方は多くいます。

実際におすすめの資格取得サイトを知っておくことで、より効率的に資格取得に繋がることが可能です。

おすすめの資格取得サイトについては、下記3つが挙げられます。

  • ニチイ
  • 三幸福祉カレッジ
  • ユーキャン

それぞれの資格取得サイトについて紹介していきますので、これから資格取得をしたいと考えている方は、ぜひ活用してみてください。

ニチイ

ニチイは、全国に約300ヶ所に教室があり、教育事業が45年以上も実績がある大手資格取得サイトです。

医療の講座はもちろんですが、介護の講座も豊富な種類があるため、幅広いニーズにも対応することが可能です。

無料体験会やイベントにも参加することができるため、少しでもニチイに興味がある人は、ぜひ参加してみることをおすすめします。

参考サイト:ニチイ公式https://www.e-nichii.net/

ニチイを利用してみる

三幸福祉カレッジ

三幸福祉カレッジは、国家資格取得から就職までのサポートをしているため、未経験で就職する方でも安心して就職活動をすることが可能です。

具体的に取得することができる資格は、訪問看護師が持っておくと有利に働くことができるケアマネージャーや介護全般に関わる資格を取得することができます。

最新の試験情報を常に更新しているため、資格試験の申込み手続きを見逃すことを防ぐことができるため、情報収集としても参考福祉カレッジの公式サイトを利用することもできます。

参考サイト:三幸福祉カレッジ公式https://www.sanko-fukushi.com/

三幸福祉カレッジを利用してみる

ユーキャン

ユーキャンは、さまざまな資格教材・テキストを扱っている大手資格取得サイトです。

すでに訪問看護師として働いている人でも、分かりやすいテキスト教材なので、スキマ時間でも資格勉強をすることができるメリットがあります。

また、他の資格取得サイトのテキストに比べて、レイアウトにもこだわりがあり、読みやすく重要なポイントが分かりやすく記載されている特徴があります。

さらに、自分自身に向いている講座かユーキャン独自の相性診断でチェックすることができるため、まずは無料相性診断を利用してみることをおすすめします。

参考サイト:ユーキャン公式https://www.u-can.co.jp/

ユーキャンを利用してみる

訪問看護の仕事内容を理解して資格を取得しよう!

訪問看護の仕事内容を理解して資格を取得しよう!

今回は、これから訪問看護師を目指している方に向けて、訪問看護の仕事内容から訪問看護に関わる資格取得サイトについて徹底的に紹介しました。

訪問看護師の仕事内容は、健康観察・医療ケア・リハビリ・精神的サポートの4つを日々の業務で行っています。

また、おすすめの資格取得サイトについては、「ニチイ」「三幸福祉カレッジ」「ユーキャン」の3つが挙げられます。

ぜひ、今回紹介したことを参考にしてみて、訪問看護師を目指してみてはいかがでしょうか。

-訪問介護・介護 の仕事内容
-,

© 2021 介護お仕事ガイド